タグ >> " 喫茶店探訪"

【COFFEE & SPAGHTTI】 MIYOSHI

2013年 3月 18 日   //   投稿者: オクノテ   //   お知らせ, 店舗情報  //  コメントなし
オクノテ喫茶店探訪 Vol.6 【COFFEE & SPAGHTTI】 MIYOSHI

都電宮前電停、降りてすぐの女子医大宮前商店会を進んで、尾久珈琲亭さんを通過しさらに行くとあるのが「MIYOSHI」さん。螺旋階段が見える大きなガラス張りのモダンな店構え。看板にはCOFFEEの他にSPAGHTTIの文字。店外のメニューにはオススメのパスタ情報が書いてありました。

 

店内はとても広く、今までオクノテ喫茶店探訪で行ったお店の中では一番大きいかな?メニューを開いてまず目を引いたのはその豊富さ。看板にもあったパスタ、いやスパゲッティは29種類!パスタ専門店も驚きのバリエーションです。それ以外にもオリジナルフードやケーキも充実。そばやうどん、そして店内の壁には限定20食の中華そばもあるとのこと。ちなみにドリンクとケーキのセットは6種類のケーキから選べて¥600。ドリンクもコーヒー・紅茶からハーブティー。アルコールもワインまで置いてある。今回はちょうどお腹も空いていたので、以前お風呂にいらっしゃるお客さんからオススメされた「ポークジンジャー」を注文。サラダ・スープ・ライスのセットで¥950。味はもちろん申し分なく満足のボリューム。こうなると看板のスパゲッティもぜひ食べたくなってくる。いや、中華そばも気になるなぁ~。

MIYOSHIさんはメニューを見てわかるようにかなり洋食屋さんに近い。22時まで営業しているのも尾久の地区ではかなり珍しい。近くに尾久珈琲亭さんがあるので、こだわりのコーヒー・紅茶を飲みたい時は尾久珈琲亭さん。食事やケーキを食べながら一息つきたい時はMIYOSHIさんへ…といった具合に「MIYOSHI」さんは休憩だけではなくてお昼や夕食を済ませることが出来るオールマイティーなお店だった。


  • MIYOSHI
  • 西尾久2-10-1
  • 03-3800--0612
  • 9:00~22:00
  •  


  • 【純喫茶】ロン珈琲店

    2013年 3月 12 日   //   投稿者: オクノテ   //   お知らせ, 店舗情報  //  コメントなし
    オクノテ喫茶店探訪 Vol.5 【純喫茶】ロン珈琲店

    毎年夏の終わりにサンバカーニバルが行われる「はっぴいもーる熊野前」の中に赤いレンガの素敵な喫茶店がある。ロン珈琲店、看板には『貴方の街のオアシス』とある。黒に黄色の縁取りの「LONE」の看板もかっこいい。

    ロン珈琲店のモーニングメニューは9時から11時半まで。「たまごサンド」「トースト」「ホットドッグ」の3種類から選べる。今日はサラダ付きのホットドッグセットを注文。テーブルに置いてあるメニューを見てみるとコーヒーは7種類。その他にカフェ・ラテやカプチーノなどエスプレッソ系が5種類。 アイスコーヒーにフロートなど充実。レギュラーコーヒーとアイスコーヒーは半額でおかわりできますとのこと。フードメニューはサンドイッチ9種類。カレーナンドッグが美味しそう!その他に喫茶店定番のナポリタンやビーフカレー、グラタンやドリアなど。デザートは自分が大好きなチーズケーキは残念ながらなかったが、パフェや抹茶ロールケーキ、そしてコーヒーゼリーは自家製。



    お店を切り盛りするのは若い方。店内は路面が全てガラス張りでとても明るい。喫茶店巡りがすっかりライフワークとなった今ではあまり気にしないが、やっぱり店内がよく見えると入店しやすいかな?最近では入ってみないと店内がどうなっているかわからないドキドキ感も喫茶店の魅力かも…と思ってみたり。


  • ロン珈琲店
  • 東尾久5-22-6
  • 03-3893-2306
  • 9:00~18:00
  • 水曜日
  • 食べログ


  • 【純喫茶】 尾久珈琲亭

    2013年 3月 4 日   //   投稿者: オクノテ   //   お知らせ, 店舗情報  //  コメントなし
    オクノテ喫茶店探訪 Vol.4 【純喫茶】 尾久珈琲亭

    店舗の見かけからなんとも渋そうな感じがにじみ出ている尾久珈琲亭。名前も渋い。店内はダークブラウンのテーブルと白く綺麗な壁、各テーブルに置かれたピカピカの砂糖入れがカッコイイ。カウンターにはご主人と奥さん。ひときわ目につくのはカウンター背面に並ぶ珈琲カップ。ざっと60個ほどありそうだ。よく見ると全て違うデザイン!?

    「モーニングセットみたいなものはありますか?」と聞いてみると「やってないけどトーストはあるよ。でもホットサンドの方がオススメ」とご主人。ホットサンドはハム野菜、ベーコンチーズ、ツナの3種類。今回はベーコンチーズを選び、珈琲はブレンドで。メニューを見てみると珈琲は11種類。一番下に書いてあったのは「カフェ ロワイヤル」そのお値段なんと1800円!さすがにこれを注文するには余程の覚悟が必要そうだ。いつか宝くじが当たって臨時収入があった時にでも注文しにきてみよう。
     さらにメニューには尾久珈琲亭オススメとして「チーズケーキ」と「冷たいお飲物『アンブル・ドゥ・レーヌ 800円』」 とあり、無類のチーズケーキ好きな自分としては尾久珈琲亭のチーズケーキもいつか食べに来なくてはと思う。そして初めて聞いた「アンブル・ドゥ・レーヌ」なる飲み物。説明として「厳選されたコーヒーを高度な技術で抽出したドリップエキスにエバミルクを浮かせた逸品!琥珀の女王、珈琲のナポレオンともいわれる。」とある。ますますどんなものなのか気になる。そんなことを考えている間に出来上がったホットサンドは中にベーコンとチーズ、そしてシャキシャキのレタスが挟まれた出来立てのアツアツで美味しい。サービスでくれたゆでたまごが嬉しい。

     

    定休日はいつですか?と聞いた自分に「ん~あんまり休まないんだ。」と笑顔で答えてくれたご主人は、自分より少し早くお店を出られた年輩のご婦人をお店の外までエスコートするジェントルマン。最高に美味しいホットサンドとブレンドコーヒーを丁寧に淹れてくれる奥さんが切り盛りする尾久珈琲亭。またすぐにでも行きたくなる素敵な喫茶店でした。


  • 尾久珈琲亭
  • 西尾久2-10-11
  • 03-3800-5025
  • 8:00~17:00
  • 不定休
  • ぐるなび


  • 【コーヒーショップ】モア

    2013年 2月 25 日   //   投稿者: オクノテ   //   お知らせ, 店舗情報  //  コメントなし
    オクノテ喫茶店探訪 Vol.3 【コーヒーショップ】モア

    都電小台電停から荒川方面に向かい小台みずき通り商店街を少し行くと、青いKEY COFFEEの看板が見えてくる。入り口からすでに漂うレトロ感がいい。店内はゆったりとした音楽がかかり、とても落ち着ける雰囲気。オレンジの照明、ちょっと低めのイスやソファー、壁にかけられた油絵…一気に時代をさかのぼった感じがする。

    奥さんが持ってきてくれたメニューから今回はアメリカンとピザトーストをチョイス。フードメニューは他にもナポリタンや焼きそばなど。ケーキセット(選べる4種類)やホットケーキセットはコーヒーか紅茶が付いて¥680〜。お昼にはランチサービスもあり、日替わり弁当もあるとのこと。喫茶店の日替わり弁当…気になる。モーニングは9時〜11時。すぐ近くの増田園のご主人にはドライカレーをオススメされた。今度食べにこなくては!



    親戚が銭湯を経営していたという奥さんと銭湯トークをしていると、きっと奥さんのお父様であろうご年輩の方が登場。お歳は77歳とのことだがとてもそうは見えない程、元気でハキハキとされていた。銭湯トークもさらに時代をさかのぼり、すっかり長居をしてしまった。小台みずき通り商店街がある小台大通りは夕方ともなると車の交通量も多く、歩道も家路を急ぐ人達や自転車が行き交う。そんなスピード感からは切り離された素敵な空間がコーヒーショップ モアにはあると感じた。


  • モア
  • 西尾久3-20-6
  • 03-3800-2993
  • 9:00~20:00
  • 日曜日
  •  


  • 【純喫茶】珈琲専科 たうん

    2013年 2月 18 日   //   投稿者: オクノテ   //   お知らせ, 店舗情報  //  コメントなし
    オクノテ喫茶店探訪 Vol.2 【純喫茶】珈琲専科 たうん

    尾久でモーニング行こうと思った時に一番に浮かんだ喫茶店がたうんだった。昭和31年オープン!!その歴史を感じさせる渋くて素敵な店構え。昔ながらの喫茶店はその渋さから入りづらさを感じることがたまにあるが、たうんは店舗の側面はすべて窓がありその窓から店内の様子が伺える。そして店内は多くの光を取り込み明るくて閉塞感はない。とても入りやすいレトロな喫茶店なのだ。

    日曜の9時すぎに来店したのだがすでに多くのお客さんで賑わい、朝の活気にあふれている。近所のご年配の方は情報交換、自然と地域の情報が集まってくる場所として今もなお機能しつづけている。注文したのはモーニング サラダドックとブレンド。朝の食事にはちょうどいい量。コッペパンも表面がトーストされパリパリとした食感が美味しさを際立たせている。一緒に行った友人が注文したトーストサンドは日替わりでボリューム満点。奥さんがフード担当、ご主人がコーヒー担当のようでテキパキとした動きで注文を捌いていく。

      

    たうんはアルコールを販売していない、まさに純喫茶。コーヒー豆、バリエーションの種類も豊富で、自分好みのコーヒーを追求したくなる。なによりトーストを主体としたフードが全て美味しそう。これを全て食するだけでも時間がかかりそうだ。某コーヒーチェーン店にも決して負けないコーヒーへのこだわりとバリエーションが楽しめる純喫茶 たうん。こんな喫茶店が近所にあるのはとても嬉しいことだ。


  • 珈琲専科 たうん
  • 東尾久4-13-8
  • 03-3800-5086
  • 8:00~17:30
  • 隔週火曜日
  • 食べログ


  • 【お食事・喫茶店】ひとやすみ

    2013年 2月 11 日   //   投稿者: オクノテ   //   お知らせ, 店舗情報  //  コメントなし
    オクノテ喫茶店探訪 Vol.1 【お食事・喫茶店】ひとやすみ

    おぐぎんざ商店街の昭和通り方面側のゲートをくぐって少し行くと右側にたたずむお食事・喫茶「ひとやすみ」。入り口には「コーヒーだけでも大歓迎。お気軽にどうぞ。」の手書きの張り紙が。さらに「コーヒーおかわり半額(ホット・アイス)」や「オススメ 鍋焼きうどん」などなど・・・楽しそうだ。

     

    店内に入ってみると、明るくて天井が高い。「ひとやすみ」の奥さんが「寒いところようこそお越し下さいました」とお出迎え。ちょっと大きめの音量でかかっている60~70年代洋楽ロックが個人的にはツボ。コーヒーメニューは「ブレンド・アメリカン・モカ」とシンプル。今回はモカを注文。以前はもっとたくさんの種類のコーヒーがあったようだが、数年前に定番のブレンド、アメリカン、そして奥さんが好きなモカの3種類になったそうだ。ちなみに外の張り紙にあった「コーヒーおかわり半額」は息子さんのアドバイスを受けて始められたとのこと。ホット→アイス、アイス→ホットの切り替えも出来るとのことで、これは地味に嬉しいサービス。

    今回は食事の注文はしなかったのだが、看板に「お食事」とあるだけあって、茶そばや中華丼などのメニューも。奥さん曰く、料理は当然ながらすべて手作り おふくろの味、 好き嫌いあったら言ってちょうだいね。とのこと。この親しみやすさが「ひとやすみ」の魅力の一つかもしれない。店内には近所のお友達が作ったという「手縫い小物」の販売コーナーもあり。お土産にどうぞ。

    「遠くから定期的に通ってくれるお客さんがいる」「冬限定の鍋焼きうどんや夏限定の冷やし中華をわざわざ食べに来てくれる」と奥さんが言っていたのもうなずける、「尾久のお母さん」的存在の奥さんがいるアットホーム喫茶「ひとやすみ」。今度は奥さんこだわりの食事メニューを食べにまた訪れたくなる素敵な喫茶店でした。


  • ひとやすみ
  • 東尾久4-21-7
  • 03-3894-3806
  • 11:00 ~ 18:00
  • 日曜日
  • おぐぎんざ商店街


  • ページ:«12

    Facebook

    Twitter